お知らせ

お知らせ

2021年09月05日 眺遊楼

眺遊楼ランチ「俵物語」リニューアルのご案内

画像

俵物(たわらもの)とは・・・
江戸時代に長崎から中国に輸出された「ふかひれ」「鮑」「ナマコ」は俵物三品と呼ばれていました。眺遊楼では、この最高級食材の俵物三品に加え、希少価値の高い「赤燕の巣」を使用したデザートや、「三種の蟹の炒飯」などをご堪能いただける、贅沢なランチをご用意いたしました。


アミューズ:よだれ鶏
字のごとく、まさによだれが出るほど刺激的な一品。


海熊鮫と鮑の土鍋煮込み
海熊鮫の尾びれを鶏の濃厚スープに焼き醤油で仕上げた絶品の一品。
他では食べることのできない眺遊楼だけのオリジナルです。
俵物語で使用しているふかひれは100gと、その大きさに驚かされます。


三種の蟹炒飯
贅沢に三種の蟹、タラバ蟹・ズワイ蟹・毛蟹を使用した炒飯は
一度食べたら忘れられない美味しさです。
ふかひれのたれを炒飯にかけていただくと・・・


ナマコの酸辣スープ
コリコリとした食感が癖になるナマコを、
文字通り「酸っぱくて」「ピリ辛い」トロミのついた熱々スープに合わせてお召し上がりいただきます。
見た目・味はもちろん、食感も楽しい、五感を刺激する一品。


赤燕のタピオカ入りココナッツミルク
燕の巣は世界三大美女の楊貴妃も好んで食べたと言われています。
滅多にお目にかかれない、貴重な赤燕の巣はアンチエイジング効果も。


《料金》13,000円 (税込 14,300円)
《場所》14F 中国料理レストラン 眺遊楼

期間限定で「俵物語」をご利用いただくと室料50%OFF


※別途サービス料10%を頂戴いたします。
※株主優待券がご利用できます。
※仕入れ等状況等により、内容・日程が変更となる場合がございます。
※20歳未満及びお車を運転されるお客様へのアルコール飲料のご提供はできません。
※写真はイメージです。