ザ・ベイコート スパ

一覧

温泉ソムリエ協会家元・遠間和広氏が語る
ラグーナベイコート倶楽部「温泉の魅力」

温泉ソムリエ協会 家元
遠間 和広

2002年11月、赤倉温泉にて温泉ソムリエの制度を発足。2005年11月には国土交通省より初代「にいがた観光カリスマ」に認定される。日本の温泉の第一人者、温泉ソムリエ「家元」として、講演やメディア等を通して温泉の魅力や正しい入浴法を広めている。

ツルツル&美肌効果も期待できる泉質

ラグーナベイコート倶楽部には、高濃度の温泉成分を含む温泉があるのをご存知でしょうか。『カルシウム・ナトリウム-塩化物泉』という泉質で、切り傷や末梢循環障害、冷え症などに効果があるとされます。水素イオン濃度がpH8.6と高いアルカリ性温泉で、肌の角質を柔らかくする作用があり、ツルツル&美肌の効果が期待できます。湯あたりやのぼせには注意が必要です。入浴前にはしっかりと水分補給をしてください。オレンジジュースやビタミン飲料でビタミンCを摂取するのもおすすめです。入浴中は、頭の上に水で濡らしたタオルを置いて体が温まり過ぎるのを抑えましょう。

波の音のゆらぎと潮風が癒やし効果を向上

岸壁に囲まれたブルーホールに打ち寄せられる波を感じさせるインドアバス。空と海の移ろい、水面のきらめき、青のグラデーション、潮風の香りを感じることができるアウトドアバス。水盤色の濃いインディゴブルーが意識を沈静化させ、瞑想的でスピリチュアルな気分に導いてくれるでしょう。渥美半島と知多半島に囲まれ、三河湾国定公園に指定された非日常的なロケーションにあるラグーナベイコート倶楽部においても、心身をリフレッシュさせる“転地効果”や、波の音がもたらす“1/fゆらぎ”、潮風に含まれる“海塩粒子”による癒やし効果が期待できます。まるでアウトドアバスと三河湾が一体となったようなインフィニティビューが究極の癒やしをもたらす、ラグーナベイコート倶楽部でしか堪能できない唯一無二の温泉といえるでしょう。

泉質と特徴

カルシウム・ナトリウムー塩化物泉(高張性アルカリ性温泉)

保湿効果が高く、湯冷めしにくい「高張性温泉」の特徴があります。 入浴後は水分発散が盛んになり、肌が乾燥することがあるため、乾燥しやすい部分は早めの保湿をおすすめします。

≪泉温(源泉):36.6℃ / 水素イオン濃度:pH8.6 / 溶存物質:10,980mg/kg≫

浴用の適応症 神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・冷え性・疲労回復・慢性婦人病など